家族葬を行う際のマナーについて

家族葬は参列される方が親族のみであることから、故人の意向に沿った葬儀が行える点がメリットの一つではありますが、マナーはあります。

家族葬に参列される方は、一般的には直系家族である故人の子息・子女、家族・故人の配偶者の家族・故人の兄弟とされています。その他、二親等以外でも故人と同じ住居で生活をされている親族も、参列の対象となります。親族のお勤めの会社への報告をする場合は、葬儀は近親者のみで行うため、香典や弔問などをお断りする旨も報告します。例外として、故人との関係を踏まえた上で今後のお付き合いを考慮して、必要と思われる方のみを、知人の代表者として参列していただくこともあります。

お香典を持参される方もいますが、概ねお断りします。これには故人の遺志が含まれている場合もありますが、断る理由としては実際、お通夜・告別式において香典を受け取ることにより、受付対応が必要となります。その上、故人をゆっくりと偲ぶことが出来なかったり、香典返しのことを考慮する必要が出てきます。葬儀等で慌ただしくしている中にすべきことが増えてしまうため、お断りをするというところも多いため、実際に参列する場合にはその辺りを考慮して先方の負担にはならないよう注意しましょう。

一方、お相手の方が葬儀などで、生前お香典をいただいている方には、いったん受け取りお返しは不要な旨メッセージを添えて、後日お供え物などを郵送するという方法がとられることもあります。このように、家族葬をする側だけでなく、参列する側としてもマナーについては知っておきたいものです。