家族葬の中で起こりえること

家族葬の連絡を各方面にしていても、一般葬と同様の意識を持たれている方、あるいは参列者にどうしてもお別れのあいさつがしたいという方はいます。家族葬とはいえ、明確は範囲があるわけではありませんから、相手の捉え方次第ではトラブルの要因となります。その点を踏まえて、主催者側のトラブルを防ぐための方法をいくつか紹介します。

友人知人など、故人にご理解がある方には、事情をお伝えすれば受け入れてもらえやすいです。しかし親族の中には、家族葬とはいっても冠婚葬祭の礼儀をきっちりされたい方もいます。事前に主催者側の方で、参列される方のリストアップをした上で、参列されない方には前もって家族葬にすることをお伝えするとともに、相応の理由をお伝えすると、相手の方も理解して受け入れていただけるでしょう。その場合、メールなどの文書での報告はできるだけ避けます。口頭で直接伝えることにより、誤解を招くリスクは軽減されます。

それを受けても通夜及び告別式に参列される方がいる場合は、追い返すことはできません。その上、香典や供花を持参される場合も想定されます。その際には家族葬ということに必要以上にこだわらず、葬儀への参加をしていただくとともに、主催者側は返礼品を用意して、後日改めてお返しをします。

家族葬に対しての理解は近年では深まっていますが、それでもどうしても葬儀に参列したいという方もいるでしょう。その気持ちを汲み取った上で、故人の意思やこちらの意向を、文書ではなく口頭で心を込めて直接報告をすること、それでも弔問に来られた方に対しては温かく迎え入れて、故人を見送って頂くよう配慮することが、葬儀後のトラブルを防ぐことに繋がります。