家族葬の案内方法について

お通夜・葬儀・告別式における家族葬の日時が決まりましたら、遠方に住まれている親族をはじめ、速やかに連絡をします。郵送で行うと、到着までの日数の問題がありますから、原則お電話で連絡することになります。メールや各種SNSにおいての報告も手段としてありますが、見ていただける確実性や簡素な報告としてとらえかねないことを考えると、こういった手段での報告はおすすめできません。電話とメールによって連絡が重複するくらいが妥当です。

会社関係や知人の方に報告をする場合も、代表者に電話で報告することによって、確実に連絡がいきわたります。その際に、身内のみで家族葬を執り行うことと、参列を遠慮していただくこと、お香典の辞退なども伝えるようにするとスムーズです。しかし、家族葬に出席されなかった方の中には、何らかの形でお見送りを希望される方もいます。その場合は、後日個別にお線香をあげに来ていただく流れとなります。一般的には、葬儀後のご家族の心情を配慮して、四十九日以降にお伺いする方が多いです。

また、弔電を送ることを希望される方もいます。家族葬の場合は、葬儀に参列できない分、お見送りのあいさつの手段の一つとなります。しかし、それについても不要と思われる場合は、案内する際に、香典を含め一切辞退する旨を通知すると、先方にも概ね理解していただけます。

家族葬の場合には、案内に関しても簡素になりやすいところです。電話による通知を確実にすることによって、連絡の行き違いのトラブルを防ぐことが出来ます。故人の会社関係などに報告をする場合には、表現方法にも配慮することが大切です。